不動産セミナーへの参加

11月 5, 2012 |

不動産セミナーとは

不動産セミナーを受講すれば、専門家からたくさんの知識を学ぶことができます。

不動産セミナーの講師となる専門家は主に、不動産鑑定士、司法書士、弁護士などですが、その他不動産コンサルタントやファイナンシャルプランナー等が招かれていることもあります。
これら専門家から不動産の基礎知識から実務に関する知識まで幅広い内容のものを教えてもらうことができるのが、不動産セミナーです。

専門的な特殊分野を学べる

借地権・底地と一時金である譲渡承諾料、更新料、建替え承諾料、条件変更承諾料/隣地買収にかかる限定価格/地代・家賃/借家権(立退料)等の評価は特に不動産評価の特殊分野であり、わかりにくいとされています。

しかしこのような分野は、不動産事業者や資産税担当者、ファイナンシャルプランナーなど、不動産の取扱いに関わる業務を行なう方々だけでなく、地主や借地権者にとって必要な知識でもあります。
不動産セミナーでは、こういった専門的な知識を、専門家から教えてもらうことができます。

地権者向けのセミナー

不動産セミナーを開催している企業には、セミナーや個別相談会を定期的に行なっているものもありますので、自分の抱える悩みに特化した内容のセミナーを選択すれば、より問題解決に役立つ情報を直接的に学ぶことができるでしょう。
このようなセミナーでは主に、資産対策や、貸家・借地問題、相続問題など、実際に土地を貸借している方が直面しやすい問題を取り扱っています。

特に、専門知識を持たないという方に向けては、不動産鑑定事務所や不動産コンサルティング業務を行なっている企業が開催しているセミナーがお勧めです。
普段から地権者の方々の相談に乗っている不動産鑑定士やコンサルタントが、実例を交えてくわしく問題に対処する方法を教示してくれます。
その他、底地・借地を専門として業務にあたってきたファイナンシャルプランナーから学べるセミナーもあります。
例としては、多くの地主の方々が悩みをかかえている底地、借地の問題について、これらを売買する際の様々な問題点やその解決方法、ビジネスチャンス等について学べるセミナーや、辞意業再生のための不動産の見極め方など、資産運用に役立つものが主になってきます。

専門知識がないという方は、まずはじめに自らが抱えている問題がどのようなものなのかを知り、それに対する対処法にどのような種類のものがあるのかなどを、セミナーから学びとることが重要になるでしょう。
不動産セミナーで、基本的な知識から実務的な知識まで、それぞれに損をしない方法で問題を解決できるよう、専門家の知識を取り入れて、上手な資産運用と取引を進めていきましょう。

Posted in: 地代や不動産の学び方 | Tags: , , , ,

Comments are closed.