玉子焼きが奇麗に巻けるとハッピー

9月 28, 2015 |

私は最近朝食を作ることにハマっている。
そんな私が今一番作っているのが玉子焼きである。

数日前に玉子焼きを作る用のフライパンを手に入れたことにより、
なんとなく始めたこの玉子焼きづくりを、この数日間欠かさずほぼ毎日行っている。
当然、冷蔵庫には玉子が切らさずに買い置きされ、
私は毎朝玉子を割り続ける毎日を送っている。

そんな玉子焼きづくりの最大の魅力はその玉子を巻くという作業に凝縮されている。
私は玉子焼きの味については全くと言っていいほど興味をそそられないのだが、
この玉子を巻くということにほぼすべての神経と注意を注いでいるのである。

一度にどれだけの玉子を流し込むのか、フライパンはどの程度に暖めておけばいいのか、
巻きの作業中のフライパンとコンロの火との距離はどの程度とっておけばいいのかなど、
玉子焼きづくりには考えること、注意をはらうことが山ほどあるのである。
そのどれもが私をわくわくさせてくれ、朝から行う作業としてはとても楽しいのである。

そして、そんな玉子焼きが奇麗に巻けるとその日一日がとてもハッピーな一日となる。
これは完全に気分の問題なのだが、私にとっては重要な一項目である。
今後も続けていこうと思っている。

Posted in: 地代の基本

Comments are closed.