妊娠6ヶ月。一番目の子は五歳。日々感じること

11月 30, 2016 |

つわりも落ち着いてきてだいぶ動きやすくなってきてますが、
今度はお腹が大きくなってくるため、動ける範囲が決まってきました。

そんな中、一番目の子が遊び盛りです。
毎日「公園いこう~」と言うくらいパワーを有り余らせてます。
しかし私と言えば、立ち上げるにも「よっこらしょ」のかけ声が自然にでるくらい、
体重も増えお腹も大きいので外に出るのもかなり億劫な毎日です。

家で暴れられるよりも、外で発散させた方がまだましなので外へは連れて行きますが、
なんてったって外は寒い。
子どもは走り回って暖まってるけど、座って待ってる私には過酷すぎです。
ましてや妊娠してるので風邪をひくわけにもいかないので、
とりあえず着こんで、ホッカイロもって、冷えないように心がけてます。

次に大変なことは、一番目の子がかなり情緒が不安定になってきてることです。
「ママは自分だけの。赤ちゃんのママはやだ」と怒ったり、
お腹の赤ちゃんに「赤ちゃん嫌い、出てこないでね」とかひどい言葉もあります。
一番目の子がお腹にいるときは、沢山言葉かけもできたのですが、今は出来てない状態。
むしろひどい言葉が聞こえちゃってるかも。って胸が傷みます。

また、一日に何回も「ママは自分のことすき?」「どれくらい好き?」と聞いてきます。
毎回、抱っこしながら大好きと伝えてますが、子供ながらに寂しいのかもしれません。

私の身体は日々動けなくなる一方、一番目の子は情緒が不安定になったり、
遊びたくてうごきたくてしかたない状態が続いております。
時々、全てが嫌になるときもありますが、近くに実家があるので、実家に甘えてます。

二番目の子が産まれてくる楽しみがありますが、一番目の子も心配。
これからどうなるのか不安と期待でいっぱいですが、
一日一日楽しめるようの頑張ります。

Posted in: my diary

Comments are closed.