月極駐車場の借り方について

9月 28, 2015 |

●月極駐車場の借り方手続きの流れとは

月極駐車場は住まいを契約するのと同様に、長いあいだお金を支払い続けます。
毎日の出勤や、お車を綺麗な状態で保管できる大事な場所でもあります。
月極駐車場を決める際には、アパートなどの契約と同様、手続きに時間がかかります。
転居前少なくとも2週間前には月極駐車場を探し始め、契約には一週間はかかるということを知っておいてください。
それでは、以下に手続きの大まかな流れに関しましてご紹介します。

【月極駐車場を探す】

月極駐車場を探す際には、現在では月極駐車場専用の検索サイト(http://p-king.jp/)もありますので、
遠方であっても駐車場を探すことが可能です。
しかし、できれば契約前に一度実際に見に行き、移動する住居から毎日歩いて行ける範囲であるか、盗難等の対策がしっかりしているかなどのチェックをするとより安心です。
ネットの検索なら、そこから契約手続きのアクセスが可能です。
実際に歩いて探した場合は、隣人から聴いたり、月極駐車場の看板などに書かれている連絡先にお問い合わせしたりしてみましょう。

【契約前に必要な書類を確認し準備する】

契約時には、契約者によって提出する書類が異なりますので、事前に直接契約時に必要な書類を確認しておいてください。
一般的には、『月極駐車場の申込書』のほかに、運転免許書や車検証のコピーの提出が必要です。
さらに、住民票や転居先での印証明書が必要になる場合があります。
お勤め先に「車庫証明」の提出を求められる場合があります。引っ越しも同時に行う場合には、役場に様々な転入届などの手続きが必要になります。
月極駐車場の契約に必要な書類と転居時に必要な書類、併せて何が必要か確認しておくと良いですね。
どの書類も手続きに時間がかかるものもありますし、転居先の役場や陸運局で直接手続きしなければならない場合もあります。
転居の1週間前に書類がそろうよう余裕をもって準備しましょう。

【駐車場の申込書や書類を提出】

必要な書類をそろえ、月極駐車場の貸主または代理人のところへ行き、申し込み手続きをします。
提出後に、駐車場の貸主の方で審査があり、合格した後に本契約の記名・捺印をし、初期費用をお支払いします。

【初期費用を支払う】

契約時に支払う初期費用ですが、これも月極駐車場によって異なると思いますので、必ずご確認ください。
通常、契約時に支払う初期費用は、アパート契約と同様に「敷金・礼金」が発生します。
初期費用としては当月と翌月分の2か月分が相場のようですが、これも貸主によって異なります。
そのほかに保障関連の料金も発生する可能性がありますので、ご確認ください。
月の途中からの契約の場合には、日割り計算となるところもあります。
これらの初期費用を指定口座へ振り込むための「振込み口座振替依頼書」を提出し、指定された初期費用を振り込みます。
貸主が指定口座に入金があったことを確認してやっと契約すべてが終了します。
この後からは、自動的に毎月自動振り込みとなります。

【契約手続きの方法の種類】

月極駐車場の検索サイトでの契約等は、必要な書類の郵送と振込みのやり取りで契約する場合があります。
けれども月極駐車場によっては、貸主、あるいは代理人のところを直接訪問し手続きを求められる場合もあります。
検索サイトからの契約であっても、盗難や何らかのトラブルに関する対応や保障に関する詳しい情報を聞くこともできます。
少なくともお電話で対応が良好かどうかをチェックして選ぶと安心して愛車をお任せすることができますね。

【どのぐらい前から契約できるの】

この月極駐車場の契約は、必要な書類の準備にも時間がかかりますし、本当に忙しい引っ越しや転勤の直後に行おうとしても、無理があります。
事前に引っ越しの期日がはっきりとしていた場合には、1か月前から事前契約が可能なところもありますので、アパート契約等と同時に前もって準備しておくと直前にあわてなくて済みます。3か月前に契約しておきたいといった場合は無理なこともありますので、直接貸主または代理人の方へお問い合わせしてみてください。

Posted in: my diary

Comments are closed.