ゲームクリエーターとはどんな仕事

9月 28, 2015 |

ゲームを制作する場合にはプロデューサー・ディレクター・プランナー・シナリオライター・グラフィックデザイナー・プログラマー・サウンドクリエイターなどといった人たちと共同作業を行います。

1つのゲームを完成させるにはさまざまな役割の人がいて、
状況により100人以上もの人が携わって作られているものもあるので
それぞれに役割分担があります。

ゲームクリエイターというのはゲームを開発・制作する人たちを総称している場合、
プロデューサー・ディレクター・プランナーなどを指している場合があります。

プロデューサー・ディレクター・プランナーなどはシステム・プログラムを構築していくので、ゲームプログラマーといわれることがほとんどです。

ゲームクリエイターとして仕事をしている人は、一人一人仕事ないような異なってきます。

参考:広告・Web業界専門の転職・求人情報なら広告転職.com

ゲームクリエイターの仕事に携わっている人は…

・プランナー:ゲーム全体のシナリオ・ルールを考える

新しいゲームを開発するきっかけとなるようなアイディアを出す人になり、
流行りそうなもの、売れそうなものなどマーケティング力も必要になり、
市場ではどのような状況なのかということも理解をしたうえで、
企画内容を考えて、仕様書を作成をしていきます。

・グラフィックデザイナー(3D/2D):ゲームのキャラクター・背景などの画像にする

2Dの場合にはドットで人物・背景を書いていましたが、
3Dグラフィックの場合にはポリゴンを使います。

・プログラマー:キャラクター・背景を動くようにゲーム内に組み込む

ゲームなるように絵・音楽などの要素をゲーム内にプログラミングを行いますが、
もし、バグが見つかった場合には修正をしていきます。

・サウンドクリエイター:効果音・音楽などを作る

テーマ曲・戦闘曲・ドアを開ける音・ボタンを押す音・細かな効果音(SE)など、
ゲームにあった音楽をつくっていきます。

・シナリオライター:ゲームのストーリー・登場人物のセリフ等を考える

ディレクター・プランナーが行うこともあります。

ゲームクリエイターとして仕事をするには…

専門学校を卒業している必要がありますが、どちらかというと学歴よりは
センス・企画力・ゲームに対する情熱などのほうを重視されるようです。

開発職を目指す人はコンピュータ専門学校を卒業して人がほとんどで、
企画職を目指す人は大学を卒業した方が有利なることが多いようです。

・開発職:プログラマー・グラフィックデザイナーなど
・企画職:プランナー・ディレクターなど

Posted in: my diary

Comments are closed.